リーキーガットの原因・治療・検査

リーキーガットの原因・治療・検査

腸カンジダの除菌あるある!ダイオフ症状と対処法

腸カンジダの除菌でダイオフ症状がでる理由 リーキーガットの原因「腸カンジダ」。カンジダはカビの仲間で大変しつこ...
リーキーガットの原因・治療・検査

リーキーガットの治療で有害ミネラルをデトックスする食事とは?

「硫化アリル」には有害ミネラルをつかんで出してくれる作用があります。これらはツーンとしたニオイが特徴で玉ねぎ、にんにく、ニラ、ねぎ、パクチー、らっきょう などがあります。硫化アリルは加熱しても効果は変わりませんが水溶性です。生でサラダで食べる場合は水にさらさないほうがしっかり摂取できます。加熱する場合は汁に溶け出ていますのでスープも飲みましょう。
リーキーガットの原因・治療・検査

腸カンジダの除菌中にマグロはNGなわけ

水銀は消化管内で消化酵素に結合して不活性化させます。体内の化学反応はすべて酵素がかかわっていますから大問題。つまり、水銀により消化力や免疫力、様々な代謝が低下するため、カンジタの増殖を手助けするのです。そしてカンジダの細胞壁や、カンジダが形成するバイオフィルムに水銀がため込まれます。これにより、水銀は体外に排泄されずに長く留まり続ける悪循環になります。なんの準備もせずに、カンジダ除菌をすると体調不良になるのはこのためです。(ダイオフ)
リーキーガットの原因・治療・検査

疲れやすい本当の原因は?30代から激増するリーキーガットと副腎疲労を疑え

疲れやすい原因は腸にあり!30代から急増するリーキーガットと副腎疲労とは? 1日中疲労感がある、寝ても寝ても疲...
リーキーガットの原因・治療・検査

リーキーガットの検査は自分で出来る?検査種類とその費用

とにかくリーキーガットがどうか調べたいならコレ。アレルギーはリーキーガット症状の代表的なものですからね。市場でもキットが出ており、病院に行かなくても出来る手軽さ。尿有機酸検査は、体内で代謝された産物を尿からみる検査です。この検査でアラビノースや酒石酸が高くでれば、ほぼ間違いなくカンジダ増殖があります。これも専門医の下でおこなう検査で、費用は4~6万円くらい。
リーキーガットの原因・治療・検査

リーキーガットの原因は亜鉛不足!亜鉛不足の判定法と解消法について解説

細胞の分化の活発は場所では亜鉛の需要が高くなります。それは、亜鉛が細胞分裂の初期にDNAをコピーする作業で必要な栄養素だからです。腸の上皮細胞の代謝はとても活発で3~4日で入れ替わっていますので、亜鉛不足は当然、腸の上皮細胞を弱らせます。ここでは、自分が亜鉛足りてるのか?のチェック法について書いてみます。
リーキーガットの原因・治療・検査

リーキーガットの原因になるカンジダ菌の生態とその毒性について解説

カンジタ菌にもいろいろな種類があり、味噌やワインの醸造につかわれる種類もありますが、体に症状をおこすことで有名なのが「カンジタ・アルビカンス」です。また、自分の身を守るためにバイオフィルムという膜をはって生息している事もあり、その状態で抗真菌薬も効きません。この場合バイオフィルムをはがす対策が必要です(また別記事で)
リーキーガットの原因・治療・検査

リーキーガットに多いお腹の症状は?自分の腸内環境を知る簡単な方法

皆さんは、ご自分のうんこ毎日みてますか?意外とみていない方が多いですが、腸内環境が分かる大事な贈り物であり自分の作品です!こればっかりは他人と比較出来ないので、自分のが良いのか悪いのか知らないままの場合が多い。
リーキーガットの原因・治療・検査

リーキーガットの6大原因は?食事も含めて分かりやすく解説

なぜリーキーガットを起こすのか?この記事では、リーキーガットを起こす6大原因について、その理由と概要を書きます。大きな原因となる腸内細菌は「カンジタ菌」。俺には関係ないね!って思った男性、いやいや女子のシモの話ではないのですよ?抗生剤、鎮痛剤(NSAIDs)、ピルの使い過ぎは善玉菌が減少し、悪玉菌の増加をおこします。このように腸内細菌叢(フローラ)が乱れた状態、これをディスバイオーシス(dysbiosis)と言います。
リーキーガットの原因・治療・検査

リーキーガット症候群とは何か?原因は?現役栄養士カウンセラーが実際に患者に説明している内容を公開

リーキー leaky は「漏れる」、ガットGutは「腸」、シンドロームsyndrome「症候群」 ざっくり言うと、腸の壁に小さな穴(隙間)ができてゆるんだ状態。小腸の表面の細胞の間にはタイトジャンクションと呼ばれる細胞同士を結びつける構造があります。このタイトジャンクションがしっかりしている事で、吸収してよいもの、ダメなものを選別できるのです。腸は門番のような役割を担っているのです。通常、腸の内容物がこれを素通りして血管内に入り込むことはありません。必要な栄養素は腸上皮細胞が選択して取り込み、毒素やウィルスなどの不要な物質は取り込まないようになっていて、これを選択的透過性といいます。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました