リーキーガットの原因・治療・検査

リーキーガットに多いお腹の症状は?自分の腸内環境を知る簡単な方法

皆さんは、ご自分のうんこ毎日みてますか?意外とみていない方が多いですが、腸内環境が分かる大事な贈り物であり自分の作品です!こればっかりは他人と比較出来ないので、自分のが良いのか悪いのか知らないままの場合が多い。
リーキーガットの原因・治療・検査

リーキーガットの6大原因は?食事も含めて分かりやすく解説

なぜリーキーガットを起こすのか?この記事では、リーキーガットを起こす6大原因について、その理由と概要を書きます。大きな原因となる腸内細菌は「カンジタ菌」。俺には関係ないね!って思った男性、いやいや女子のシモの話ではないのですよ?抗生剤、鎮痛剤(NSAIDs)、ピルの使い過ぎは善玉菌が減少し、悪玉菌の増加をおこします。このように腸内細菌叢(フローラ)が乱れた状態、これをディスバイオーシス(dysbiosis)と言います。
リーキーガットの原因・治療・検査

リーキーガット症候群とは何か?原因は?現役栄養士カウンセラーが実際に患者に説明している内容を公開

リーキー leaky は「漏れる」、ガットGutは「腸」、シンドロームsyndrome「症候群」 ざっくり言うと、腸の壁に小さな穴(隙間)ができてゆるんだ状態。小腸の表面の細胞の間にはタイトジャンクションと呼ばれる細胞同士を結びつける構造があります。このタイトジャンクションがしっかりしている事で、吸収してよいもの、ダメなものを選別できるのです。腸は門番のような役割を担っているのです。通常、腸の内容物がこれを素通りして血管内に入り込むことはありません。必要な栄養素は腸上皮細胞が選択して取り込み、毒素やウィルスなどの不要な物質は取り込まないようになっていて、これを選択的透過性といいます。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました